コロナウイルスと相続放棄

相続放棄ができるのは、自分に相続が発生したことを知ってから3か月以内です。

その間に、相続するのか相続放棄をするのかを判断しなければなりません。

しかし、コロナウイルスの影響で銀行などに行けず、財産や負債の把握ができないというケースがあります。

そんなとき、どうすればいいのでしょう?

家庭裁判所では相続するのか放棄するのかを検討する期間を延長する申し立てをすることができます。

3か月以内に判断できない方はぜひ検討期間の申し立てを行ってみてください。

注意する点としては、熟慮期間の申し立ては申立をした人しか効力がありません。

そのため、他にも相続人がいる場合は、相続人全員で申し立てをすることをおすすめします。

申立をご検討されている方は、下記の裁判所のホームページをのぞいてみてください。

申立は郵送でも可能です。

https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui_kazi/kazi_06_25/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です