相続放棄しても大丈夫ですか?

先日、お会いした滋賀県草津市のお客様のお話です。

その方はご主人様と奥様の二人暮らしです。

ご主人様は土地をたくさん持っていて、自宅以外にも山や田をいくつか所有されています。

その管理は全てご主人様がされていて、奥様は山や田の管理がではできません。

そのため、奥様は日頃からこのように考えてました。

「もし先に主人が亡くなったら、山や田は相続放棄して、この家で質素に暮らそう。この家だけあればいい。」

このように考えられている方は他にもいらっしゃるかもしれません。

しかし、奥様の考えは間違っているところがあります。

それは、相続放棄をすると家も放棄することになるということです。

相続放棄は全て放棄することになります。

この財産は相続して、他の財産は相続放棄するといったように選択することができません。

言うなれば1か0になるということです。

奥様は山や田は相続放棄して家は相続したいと考えてます。

しかし、相続放棄をすると家も放棄することになりますし、家を相続すると山や田も相続することになってしまうのです。

では、どうすればいいのか?

ご主人様が元気なうちに対策をすることで、奥様の希望がかなえられる場合があります。

その一つとして、家の名義を奥様に変更するという方法があります。

そうすれば、ご主人様が亡くなられても家は奥様名義なので、相続放棄をしても家に住み続けられることができます。

しかし、家の名義を奥様に変更することで贈与税がかかったり、他のリスクが発生する場合がありますので、必ず事前に専門家にご相談下さい。

空き家と相続のそうだん窓口ブロッコリーでは、相続の健康診断を行っております。

今回のように、ご主人様が亡くなったあとも家に住み続けることができるのかをチェックすることも可能です。

次回は、令和2年3月18日(水)に滋賀県湖南市の会場にて個別の相続診断を行います。

世間話をする感じで、お気軽にお越しください。

相続の健康診断会(無料)

日時:令和2年3月18日(水)

時間:10:00から12:00

場所:JAこうか農産物直売所「ここぴあ」(イオンタウン湖南内)

開催時間中はいつでも対応いたしますが、予約の方が優先となります。

予約をご希望の方は、下記の予約フォームからお申し込みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です